3104.com
ぼくのことを知らないきみへの恋文

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : posted by スポンサードリンク
眩惑
 
ピアニストを目指す遥、16歳。祖父と従姉妹とともに火事にあい、
ひとりだけ生き残ったものの、全身大火傷の大怪我を負う。
それでもピアニストになると固く誓い、コンクール優勝を目指して
猛レッスンに励む。ところが周囲で不吉な出来事が次々と起こり、
やがて殺人事件まで発生する―――。



タイトルからして作中では音楽用語満載。おまけにピアノに無縁なじぶんには
弾いてる表現が頭の中で描けない・・・困ったもんだと思いつつ読んでいたら
岬洋介というピアニストが登場したことによって、次々と進むペースが速まり
気づいたら岬先生に惚れていました(笑)

基本的には主は「音楽」であり「ミステリー」は取って付けたような感じは
最初、読んでいて否めなかったのですが最後まで読み終わったあとに
「あ〜そういうことだったのか」と納得というか、まさかの結末に驚愕!!
そしてタイトルの意味にも深く納得しました。

でもね、この作品は夢に向かう者を叱咤激励してるような気がしました。
形がどうだとか生まれ持った才能だとか環境だとか・・・
そんなことよりもじぶん自身に「その夢に向かい進む覚悟はあるか」と
問われている、そんな風にも捉えられる内容でした。
とくに岬先生の言葉にはかなりの説得力がありました。
だからこそ、じぶんは彼に惹かれたのだと思いました^p^


この作品は映像化もされているのでぜひ、借りて観たいなと。
なんせ主人公をいま大好きな女優さんが演じているんでね。
レンタルされるようになったら観たいと思います。

……………

もう少しでレコメンはじまるのでPopcornのDVDについては
近々書きたいと思います!でも、ほんと嬉しいぜ!!

嵐さん、ありがとう。
- : - : - : posted by 大野淳
スポンサーサイト
- : - : - : posted by スポンサードリンク
<< NEW : TOP : OLD>>